達人もはじめはみんな初心者。やればやるほど上達するのは当たり前~♪ヽ(^。^)ノ

目の手術をしなくても入院せずに視力を回復する方法

目の手術をせずに、
視力を回復させる


子供の頃、視力が低下したらメガネをかける、
それ以外の選択肢はありませんでした。

でも今は・・・

すでにご存じの方も多いと思いますが、
ここ数年、視力を回復させることができる、
可能性が高くなってきました。



手術をするくらいなら
見えなくてもいい!?


自分のまわりで一番有名なのは、
手術で近視を矯正するレーシックです。

なので、もし自分が視力が低下してしまい、
なんとかしたいというときは「レーシック手術がいいかな・・・」
と思うのですが、手術代はまだまだ高額です。

それに、レーシックは目に直接メスを入れますが、
その前に、目薬のような眼滴(がんてき)という麻酔をかけます。

→つまり、手術中はずっと見えているということ

想像するだけで鳥肌ものです。

「意外と怖くなかったよ~」といくら
手術の経験者から話を聞いても怖いものは怖いです。



目を鍛えて視力を回復させる


そこで手術代が高い、怖いという人には、

特別なトレーニングで目を鍛えて視力を回復させるという
なかなか素晴らしい選択肢があります。


目の手術をしなくても
視力を回復させることができる
といことです。

でも、なぜ目を鍛えるのか?というと、

一般的には、目を使いすぎて疲れることで
目が悪くなると思われていますが逆です。


実際には目の筋肉の衰えによる
視力の低下が大半だと言われています。



確実に視力が回復する人もいる


つまり、目の使い過ぎではなく、
目の使わなさすぎが視力低下を引き起こしている
可能性がある、ということです。

今のところ、全ての人に効果があるわけではありませんが、
このトレーニングで確実に視力が回復する人もいるということです。


レーシック手術は高い、怖いから手術はしたくない、
というあなたにぴったりな方法です。


視力を回復させてくれるトレーニングの
詳しい内容については、こちらをご覧ください。

14日間視力回復プログラムの内容



 

関連記事


アーカイブ

  • SEOブログパーツ